中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 31日

白川昌生 「どこまでも道草、どうしても道草」@遊戯室

c0186264_1134048.jpg

遊戯室、始まります。
この秋、水戸はいろいろと目白押しです。
機会あればぜひ!
******************************************************
「どこまでも道草、どうしても道草」白川昌生 61年の道草アート

本展は、本道とは違う場所で活動してきた白川が自身のすべてを詰め込んだ作品の発表となります。水戸芸術館の企画展「Beuys in Japan/ボイスがいた8日間」に合わせて開催される本展は、ボイスの「日本的展開」の一例であり、地域に固有の状況に即した「社会彫刻」の可能性を示すものになります。また、期間中はボイスのパフォーマンスを水戸の街で検証する企画やトークイベントなど、広がりをもった1つのプロジェクトとして開催されます。

会期: 2009.10.31satー2010.1.24sun (土日祝・祝前日のみオープン)
13:00-19:00 観覧無料

イベントスケジュール:
*10.31sat 18:00- オープニングパーティー
*11.14sat 13:00- 道草アート“アクション編”
「カールマルクス広場はどこだ」
1972年5月1日労働者の日(Labor Day)、ヨーゼフ・ボイスはベルリンのカールマルクス広場でデモ隊のあとを掃除してそのゴミを画廊に置くというアクションを行った。このアクションを水戸の街で白川が検証するパフォーマンスを行う。(13:00に遊戯室集合、出発)
*1.9sat 17:30- 道草アート“トーク編”
「水戸芸アフタートーク with 白川昌夫」
ゲスト:白川昌夫/須川咲子/高嶺格(司会:遠藤水城)
*1.24sun 18:00- クロージングパーティー

会場:遊戯室(中崎透+遠藤水城)
〒310-0061 茨城県水戸市北見町5-16キワマリ荘内/遊戯室
JR水戸駅より徒歩12分。水戸芸術館より徒歩10分。
駐車場はありませんので、車でお越しの方は近くのコインパーキングをご利用ください。

map:

問合せ:tohru51@hotmail.com(中崎)

遊戯室(中崎透+遠藤水城)web
http://playroom.kiwamari.com

白川 昌生(しらかわよしお)
1948年、福岡県北九州市生まれ。ドイツ国立デュッセルドルフ美術大学で彫刻を学び、ヨーロッパを拠点として国際的に活躍する。後、一地方都市である群馬に移り住み、場所が持つ記憶や歴史に注目した作品の制作をはじめる。1993年、美術活動団体「場所・群馬」を創設し、地域に住む多くの美術作家と協働での作家活動を、現在に至るまで展開中である。また、制度としての美術をめぐる著作など、幅広い分野で活動している。

*水戸芸術館では「Beuys in Japan:ボイスがいた8日間 」展が開催中(10.31sat-)。 併せてご覧下さい。
http://www.arttowermito.or.jp/art/modules/tinyd0/index.php?id=10

[PR]

by tohru511215 | 2009-10-31 01:00 | news


<< 9th 秘密の宮廷ゴールデンタ...      搬入@遊戯室&月虹舎 >>