中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 23日

長野 その2

昼過ぎに東京に戻らねばということで、
朝一で施設を軽くもう一回りして、音楽村を出発。
車内でなんとなく前日に引き続きしりとり。
アートしりとり、二周り目にして作田くん「デュシャン」で終了。
前日は僕が「国別パビリオン」、三宅くんが「えっへん」で自信満々に終了。
最近、しりとりって終わらないもんだと思ってたけどそんなことなかった。
作田くん、決断力と行動が早い、しかもとても合理的。
最近身の回りにあんまいなかったタイプかも。こういう人、必要だよなあ。
水戸に戻り、ワシントンでの矢口くんのパフォーマンスのぞく。
赤飯が炊きあがらず一時間ほど遅れて始まる。シュール過ぎておかしい。
先日、矢口くんが話してくれた水戸芸での作品の話も含め、
今回の一連の矢口くんのプロジェクトについて自分の中で腑に落ちる。
かなりいいプロジェクト。
手探りだけに定まってないけど、これまでない形態な気がする。
ただクリテリオムとして水戸芸での展示だけ観た人にはほぼそのことは気付かれていない。
全体が俯瞰できるようななんらかのアーカイブがほしい。いやあ、なんかもったいない。
夜は今さらではあるけど、白川展のキャプションというか作品解説の小冊子作成。
なかなかよいできの予感。
c0186264_4461254.jpg
c0186264_4462827.jpg
c0186264_4464972.jpg
c0186264_4471155.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-01-23 04:45 | ぷらぷら


<< 白川展最終日      長野 その1 >>