中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 04日

下道基行[Re-Fort Project アーカイブ]@gallery αM

c0186264_2534543.jpg

2004年から下道基行を中心として始めた「Re-Fort PROJECT」の全五回をアーカイブした展覧会がgallery αMにて始まりました。2004年の夏に千葉県富津市での「Re-Fort PROJECT vol.1」から、2009年の関門海峡を舞台とした「Re-Fort PROJECT vol.5」まで、企画や看板制作だったりで、その都度何らかの関わりをしつつ、自身の制作にもたくさんの影響をもらっているプロジェクトです。今回はこれまでのアーカイブ展というだけではなく、今年の6月くらいに実行計画を立てている「Re-Fort PROJECT vol.6」のためのオープンミーティングの場としての色合いも含んでいます。興味のある方は、観客としてだけではなく当事者としての参加も大歓迎です。

* 次回開催の「Re-Fort PROJECT vol.6」に興味のある方
● 3/11(金)の下道×中崎のトークイベント、3/15(火)のオープンミーティングにお越しいただけると、次回企画の具体的な内容に触れたり、実際にプロジェクトへの参加もできますのでぜひ。もちろん他日のイベントのときにでも興味のあることを伝えていただければ大歓迎です。
● 3/13(日)にプロジェクトスタッフで、次回開催予定の神奈川県の三浦半島の方に下見に行きます。まだ若干名なら同行できますので希望の方はご連絡ください。実際の場所に行くのは正直、とてもおもしろいです。おすすめです。
************************************************************

下道基行[Re-Fort Project アーカイブ]

2011年3月5日(土)〜19日(土)
11:00〜19:00 日月曜日休廊
gallery αM (東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F )
map

*機能を失った軍事遺構を一時期だけ転用/スクウォットする
Re-Fort PROJECTは2004年に下道基行が中心となり、アーティストの中崎透とともに発足させた、戦争の遺構を舞台に、イベントを起こしたり、スクウォットし、またそれを記録していくプロジェクトである。日本全国で放置されている遺構の多くは、〝機能を完全に失ってしまった建物”でもあり、現在では建造物自体の権利が曖昧になっている。ここ数年、行政による戦争遺構の見直し/保存が始まっている。ただ、遺構を柵で囲みモニュメント化することは、むしろ遺構の持つ時間の流れを遮断し、歴史に遺構を埋没させていくことにもなるのではないか。本プロジェクトでは、保存対象にならないような遺構に対して、その都度さまざまなアーティストがそれに合わせた趣向で一時的にリノベーションを試みる。 そしてプロジェクトの参加者はイベントを通してこれらの遺構に直接触れ、その土地の歴史/戦争との何らかの接点を持つことになる。風景/建物が内包する記憶や歴史とどのように出会う/向き合うかを問いかけてみること…それがこのプロジェクトである。

今回の『Re-Fort Project アーカイブ』では、過去5回のプロジェクトの記録を展示し、Re-Fortプロジェクトの黎明期から現在までを紹介する。また、過去のプロジェクトの参加者と当時を振り返りながら、次回のプロジェクトへの展望を拓く予定である。

【3月11日(金)】  17:30~19:00
トークイベント[次回『Re-Fort6』について] 
出演者:下道基行、中崎透(アーティスト)
*今年6月に関東で開催予定のRe-Fort6の構想について話します。

【3月12日(土)】  17:30~19:00
トークイベント[『Re-Fort5』を語る] 
出演者:下道基行、服部浩之(国際芸術センター青森学芸員/Mac主催)
*2009年に皆既日食のとき、関門海峡の砲台跡から打ち上げ花火を上げた『Re-Fort5』。この5回目メンバーとしても関わった服部浩之さんが国際芸術センター青森からトークに駆けつけてくださいます。

【3月15日(火)】 14:00〜
在廊:下道基行、中崎透(アーティスト)

【3月18日(金)】 17:30~19:00
トークイベント[『Re-Fort4』で起こった事]
出演者:下道基行、中崎透(アーティスト)、濱定史(東京理科大学)、一ノ瀬彩(人場研)
*千葉の海岸に建つ砲台試射場跡の遺構に1週間かけて滞在しながら舞台を作った『Re-Fort4』について。

【3月19日(土)】 17:00〜19:00
トークイベント[次回『Re-Fort6』について]
出演者:下道基行、中崎透(アーティスト)、高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター、2011年度αMゲストキュレーター)
*本展示のキュレーターでもある高橋瑞木さんをむかえて、今年6月に関東で開催予定のRe-Fort6の構想について、そしてアーカイブ展について話します。

さらに、『Re-Fort Project 5』DVDを先行発売いたします。(5日より)
是非お買い求めくださいませ!
 
c0186264_304574.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2011-03-04 03:01 | news


<< 3/11      vacant搬入二日目 >>