中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 29日

大森町

学生のときの友人宅に向かう途中。
大森町駅。
駅でのガムテープによるサイン。
修悦体?
とても凝っているんだけどなんか少し違う気もする。
微妙に洗練されてないようなかんじが、、、真実や如何に。
http://shuetsu-tai.jp/
c0186264_22534141.jpg
c0186264_22535452.jpg
c0186264_2254543.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-29 01:00 | ぷらぷら
2008年 12月 29日

横浜/ディクテ・フォーラム/その後

打ち上げ後、参加者の丹羽さん宅で一杯。
朝の横浜。
帰り道、奇遇にも岡本太郎。
c0186264_22462767.jpg
c0186264_22463873.jpg
c0186264_22465030.jpg
c0186264_2247033.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-29 00:00 | ぷらぷら
2008年 12月 28日

横浜/ディクテ・フォーラム/その2

なんだか横浜を満喫。
貴重な体験でした。
c0186264_22395263.jpg

c0186264_2240128.jpg

c0186264_2240105.jpg

c0186264_2240214.jpg

c0186264_22403116.jpg

c0186264_22404222.jpg

c0186264_22405316.jpg

c0186264_2241281.jpg

c0186264_22411322.jpg

c0186264_22412818.jpg

c0186264_22414157.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-28 01:00 | ぷらぷら
2008年 12月 28日

横浜/ディクテ・フォーラム

12/26,27,28と横浜にPort Bの演劇公演「ディクテ・フォーラム」に行く。
参加しに?観に?聞きに?散策しに?思考しに?出演しに?
どういう関わり方だったのかいまだにしっくりとはきていないのだけれど、この感覚は自分たちのやっているナデガタでのプロジェクトに参加した人たちの抱く感覚に多分遠からずなのではないかな、とも思いつつ。初日の途中から特にいつまでと決めずに参加したものの最後までいてしまう。横浜という都市を肴に興味や話の振り幅が心地よく、なかなか疲れつつもとても刺激的な三日間でした。いま試行錯誤しながら近づこうとしている何かに、別のアプローチでやはり試行錯誤しながら向かっている人たちのような気がして勇気をもらう。年末だというのに思い切って行ってみてよかった。よし、がんばろう。

***************************************

Port B『ディクテ・フォーラム』

 『ディクテ・フォーラム』はフォーラム&ツアー形式の演劇公演です。三日間連続、昼から始めて夜中まで、途中でご飯を食べたりお茶を飲んだり様々な会場を移動したり、そして夜になったらどこかに宿泊したりしながら、ゲスト出演者とPort Bスタッフとのトークや観客/参加者を交えての「フォーラム」を繰り返します。そうしたプロセスの中でゲスト出演者がトークの後も一緒にまわったり、観客/参加者がホストのようになったり、たまたまその場に居合わせた人が参加してくれたりすることで、普段出会わない人同士が混ざりあい、ゲストと参加者が入れかわり、様々なレベルの言葉が交錯し、場の区分けや意味づけが無効になるような動きが出てくればいいなと考えています。入退場は自由です。ぜひ遊びにいらしてください。

日程 2008年12月26日[金]〜 28日[日] 全3日間

開演/出発 12月26日[金] 15:00 急な坂スタジオ
(http://kyunasaka.jp/access/index.html)
・3日間の連続フォーラム
・「急な坂スタジオ」で最初のフォーラムを開いた後、皆で様々な会場を移動しながら、行く先々で異なるゲストを交えてフォーラムを続けます。場所とゲストはこのブログに随時アップされますので、お好きな時にお好きな場所にお越し下さい。もちろん全てのプロセスに付き合ってくださるという方も大歓迎です。
(携帯電話からのアクセス:http://mblog.excite.co.jp/user/portb/)

Port B(ポルト・ビー)/2002 年東京にて結成。舞台作品だけでなく“ツアー・パフォーマンス”やインスタレーションの制作など、「演劇」の枠組みに囚われない活動を展開する。近年の公演にE.イェリネク『雲。家。』(07年)、はとバスツアー『東京/オリンピック』(07年)、池袋サンシャイン60周辺を巡る『サンシャイン62』(08年)、山口市のアーケード街を歩く『山口市営P』(08年)、演劇的インスタレーション『荒地』(08年)などがある。http: //portb.net/

スタッフ・キャスト
ゲスト出演
鴻英良 (演劇批評家)
岡部友彦(建築家)
桂英史 (コミュニケーション論/メディア論)
川口良一(横浜市開港150周年・創造都市事業本部長)
新川貴詩(美術批評家)
住友文彦(東京都現代美術館学芸員)
羽藤英二(都市生活学/ネットワーク行動学)
藤原敏史(映画監督) 他 

構成 高山明
ドキュメントコーディネーター 山口祥平
記録映像 山城大督
宣伝美術・写真 蓮沼昌宏
ドラマトゥルク・制作 林立騎

主催 Port B
協力 急な坂スタジオ  アーツコミッション・ヨコハマ
助成 平成20年度文化庁芸術創造活動重点支援事業

(補)『ディクテ・フォーラム』という名前はテレサ・ハッキョン・チャの著作『ディクテ』から取っています。朝鮮語という「母語」を失ったチャは、植民地支配者の言語(日本語、英語)からも母語(朝鮮語)からもアイロニカルな距離をとり、すべての言語を外国語として視ていたようです。この視点は、その著作『ディクテ』を貫くテーマでもあり、英語、フランス語、ギリシャ語、朝鮮語、日本語などがコラージュされた体裁は、この本が何語で書かれているのか読者に特定させないほどに、異質なもの同士が豊かにぶつかり合う言語空間を出現させています。僕らもその姿勢に倣い、様々な場に異なる層のコミュニケーションを出現・共存させるべく、このプロジェクトに『ディクテ・フォーラム』という名前をつけました。

c0186264_22365688.jpg
c0186264_2237735.jpg
c0186264_2237269.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-28 00:00 | ぷらぷら
2008年 12月 25日

仙台2

仙台続き。
実は梅田くん、同時開催で「5番チューブ再開発計画」という企画でインスタレーションを展示してたらしいことが発覚。慌てて朝搬出前にのぞきにいく。残念なことに電源が入れられず、説明を聞きつつ動いてる様子を想像してみる。なかなかよかったくさい。
c0186264_151348.jpg

タイガ車で岩手県の一関から30分ほどの町にある「石と賢治の美術館」を目指す。
名前の通り宮沢賢治と鉱石に関した美術館くさい。
なんだかちょこちょことマヌケな今回のおでかけ。
タイヤの空気が。。。。
c0186264_1514661.jpg

なかなか素敵な美術館。アーティストの小林健二さんの監修らしいです。
c0186264_1515699.jpg

砕石場跡も公開されてたり、人形具合は網走刑務所を思い出しました。
c0186264_152941.jpg

c0186264_1522072.jpg

かなり充実な二日間。
オチはタッチの差で電車に乗れなかったことですかね。

今回の教訓。
仙台名物タノタイガ。
[PR]

by tohru511215 | 2008-12-25 00:00 | ぷらぷら
2008年 12月 24日

仙台

クリスマスだというのに何故だか仙台にあるメディアテークに展覧会とパフォーマンスを観にやってくる。高嶺格「大きな休息」展&梅田哲也パフォーマンス。
梅田くんのパフォーマンスのお手伝いでちょっぴり出演、なかなかよい経験?体験?でした。パフォーマンス後、高嶺展のツアーに参加。目の見えない方が展覧会のアテンドをしてくれる。すごいことだと思う。ただパフォーマンスのため展示会場を先に観ていたのと、アテンドするツアーも事前にちらちら観てしまっていたり、最終日の最後くらいのツアーで参加人数が多かったりと、新鮮な目線での体験とはいえないかんじの状況だったのが少し残念。それでもいろいろ発見もあったし、しばらく考えるには十分すぎるやばい展覧会だなと。
c0186264_1273310.jpg

c0186264_1274395.jpg

c0186264_1275492.jpg

c0186264_128561.jpg

c0186264_1281644.jpg

最終日だけにいろんな人がいて平日なのに思いがけず仙台にて忘年会。
c0186264_1282945.jpg

広島のプロジェクトで一緒だった仙台在住アーティストタノタイガさん。
仙台名物タノタイガ。
c0186264_1284363.jpg

なぜかみんなタノタイガTシャツを購入。
c0186264_129165.jpg

なぜかみんなタノタイガマスクで大盛り上がり。
c0186264_1291497.jpg

c0186264_1292688.jpg

とても素敵スタジオに宿泊させていただく。
タイガさんありがとう。
[PR]

by tohru511215 | 2008-12-24 00:00 | ぷらぷら
2008年 12月 23日

年末営業

年内の遊戯室のオープン最終日。
和田展、来年は1/10から。
ほとんど来客なくのんびり事務作業。
寒い。
ストーブに載せたやかんの蒸気で、
上の方にあるタイトルのカッティングシートがぺらぺらと剥がれてくる。
なんか冬景色。
c0186264_1202733.jpg

c0186264_1203733.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-23 19:19 | 日々
2008年 12月 22日

NY

水戸にNYが。。。
c0186264_18415339.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-22 18:42 | 日々
2008年 12月 22日

忘年遊戯

忘年遊戯終了しました。
もしかしたら客が一人も来ないんじゃないかという雰囲気の中、
準備してるうちになぜか水城くんセレクトのアニメワンピースの名場面上映会始まる。
なんだかとても感動的な気持ちになる。
ワンピース、読み返そうっと。
ぽつぽつと人が来て10人くらい、ちょうどよいかんじ。
すでに一時間ほど遅れて呑み始めつつトーク始める。
僕は別府での「公開秘密なかざき」、赤坂の「Offline Instant Dance」、広島の「看板屋なかざき/居酒屋カフェ中人」の紹介やら。
水城くんはアーカスでのプロジェクト、レジデンス、それと現在準備中の展覧会の紹介やら。
小一時間くらいのトークの予定が二時間ちょいに。
でもなかなかいい時間でした。
鍋やらかこんで忘年会。遊戯室もなんとか一年経ったなあ、としみじみ。
気付けば今日のイベント、誰一人ビデオも写真も記録を撮っていない。
「記録より 記憶に残る 遊戯室」
来年もどうぞよろしくお願いします。

唯一撮ってた画像。
みーちゃんと五嶋さん。
c0186264_1827014.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2008-12-22 18:39 | 日々
2008年 12月 21日

告知 忘年遊戯

ども。
今年も残りわずかになってきました。
忙しくお過ごしでしょうか。
ということで、もう今日のことですが、
遊戯室(中崎透+遠藤水城)でのちょっとしたトーク&忘年会の告知です。

*忘年遊戯
「とおるとみずきの年忘れ活動報告&忘年会」
12月21日(日)18:00-

遊戯室も一周年ということで、運営する2人のこの一年を振り返っての遊戯室以外での活動やらをちょこちょこと小一時間ほどレポートします。
そんで、呑んだくれましょう。
会費なのか持ち寄りなのかとか全然決めてないんですが、
テキトウに差し入れ歓迎、会費になっても1000-1500円くらいかと。

和田昌宏展、まだまだやってます。
かなりよいかんじなのでまだの方、ぜひに。

************************************
和田昌宏「Diamonds in Lucy with the Sky」

2008年11月29日(土)−2009年2月11日(水)
*土日祝のみオープン/12/27sat-1/4sun close
開館時間:13:00-19:00
お問い合わせ:tohru51@hotmail.com/endomizuki@hotmail.com
遊戯室(中崎透+遠藤水城)
310-0061茨城県水戸市北見町5-16キワマリ荘内/遊戯室
JR水戸駅より徒歩12分。水戸芸術館より徒歩10分。
駐車場はありませんので、車でお越しの方は近くのコインパーキングをご利用ください。
map

遊戯室(中崎透+遠藤水城)HP
http://playroom.kiwamari.com
水戸のキワマリ荘HP
http://kiwamari.com/

和田昌宏HP
http://masahirowada.com/


***********************************
どうぞお誘い合わせの上お越し下さい。
よろしくお願いします。
[PR]

by tohru511215 | 2008-12-21 03:15 | news