「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

年越し

今年は例年にましてたくさんの方々にお世話になりました。
本当にありがとうございます。
どうぞ来年もよろしくお願いします。

のんびりと過ごす。
高樋家での年越しにお邪魔させてもらう。
年が明ける前におちる。
いつもここではおいし過ぎる日本酒に心地よくつぶされる。
0時直前に起こされ、そばをすすって床につく。
c0186264_1720243.jpg
c0186264_17201488.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-31 17:19 | ぷらぷら
2009年 12月 30日

メガネ

前日の盛り上がりのまま、弘前のメガネ屋さんツアーへ。
気分がすっかりのんびり年末気分になってくる。
ほんとによいかんじのお店で、メガネ購入を本気で悩む。
さすがに今は無理くさいので5月にリベンジ決意。
年末らしくどうやってだらだら過ごすか検討したあげく、
呑みながらエヴァンゲリオンを見始める、途中でおちる。
c0186264_1711378.jpg
c0186264_17111637.jpg
c0186264_17113743.jpg
c0186264_17115621.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-30 17:10 | ぷらぷら
2009年 12月 29日

某コンペ

ちょっと一段落ついたかんじ。
下道が早朝に発ち、山城と野田が夜のバスで、
狩野くんが夕方出るはずが展示替えやらいろいろ終わらず翌朝発。
揃っての最後の夜、良いお年を。
服部くんのここのところだんだんと崩れていく体調の悪さが心配。
雄二さんとのんびり二人で話せたのがよかった。
夕方、締め切りは過ぎてたものの、某コンペ無事提出。
今夜からホテル山上滞在、作業する狩野くんを冷やかしつつ一杯。
気付けばメガネ4人、メガネ話で盛り上がる。
c0186264_16573641.jpg
c0186264_16575817.jpg
c0186264_16581189.jpg
c0186264_16582310.jpg
c0186264_16583668.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-29 16:57 | ぷらぷら
2009年 12月 28日

ナデガタプレゼン@ホテル山上

今回の来青の主な目的は二つあって、
夏にあったRe-Fort project vol.5を一本のDVD化するにあたっての打ち合わせと、
来年ACAC(青森国際芸術センター)でのナデガタのプロジェクトのための下見だったりする。
ようやく主な目的に辿り着く。
雪のACACは夏とはまったく違う顔をしていておもしろい。
そしてよくあることだが、観客として観る展示空間と、
ここで展覧会をしてみようと思って観る展示空間はまったく違う顔をしていたりする。
この空間は暴力的なほどに、でかい。そして、おもしろい。
こりゃあ大変だなあ、と改めてトホホ感とうきうき感が行ったり来たり。
Re-Fort projectの話を進めるがあまり加われないままに、
某コンペ用の書類作成やらに追われる。
夜はナデガタのトーク第二弾をホテル山上にて開催。
ほぼ同じ内容ながらも、少しすっきり詰まった感があったみたいでよかった。
二回来てくれた人や知人を誘ってきてくれた人もいてありがたい。
両日20人近い人が集まってくれて、来てくださった皆様、
急遽ながら企画していろんな人に声をかけてくれた服部くん、
空間実験室とホテル山上の皆様に感謝。
引き続き宴会、ほんとに宴会らしい宴会で、楽しい宴。
c0186264_4203522.jpg
c0186264_4205363.jpg
c0186264_4211798.jpg
c0186264_421333.jpg
c0186264_421492.jpg
c0186264_4221090.jpg
c0186264_4222672.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-28 04:19 | ぷらぷら
2009年 12月 27日

まわるまわる

なんだかいろんなとこをまわる。気付けば長い一日。
弘前城の目の前にある老舗の酒屋の石場屋さんの餅つきにお邪魔させていただく。
ごく最近、狩野くんがたまたまお酒を買いにいった際に仲良くなった縁とか、すごい。
Harappaと百石町展示館のぞく。Harappa、オシャレだ。
青森市に戻り雪の中の三内丸山遺跡を散策しつつ、
青森県立美術館で「ラブラブショー」を観る。
県美はオープンのシャガール展以来。
改めて空間がとてもおもしろいことに驚く、いい空間。
展覧会、おもしろかった。違う種類の緊張感のある空間が連続していくかんじというか。
立木さんが鍋を作ってくれるというので、
一部屋を事務所として使っているという旧王余魚沢(かれいざわ)小学校に行く。
なんだかとてもいいかんじの廃校で、男の夢的なうきうきしてくる場所。
鍋をつつきつつ、成り行きでプロジェクターやスクリーンを出して、
下道によるRe-Fort projectや作品のアーティストトークを開催。
Re-Fort projectについて下道によるこんなにちゃんとしたトークは初めてな気がする。
少人数ながらとても贅沢な時間。
深夜、布団をお借りしに高樋家に立ち寄りつつ、つい一杯。
長くて濃密な一日。
c0186264_3521825.jpg
c0186264_3523529.jpg
c0186264_352517.jpg
c0186264_353890.jpg
c0186264_353266.jpg
c0186264_3541215.jpg
c0186264_3542590.jpg
c0186264_3544063.jpg
c0186264_3545529.jpg
c0186264_3551392.jpg
c0186264_3553082.jpg
c0186264_355522.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-27 03:51 | ぷらぷら
2009年 12月 26日

ナデガタプレゼン@空間実験室

嶋中さんや立木さんが関わっている青森市内のリノベーション企画(?)の中心的な
老舗の和菓子屋さんの旧店舗をのぞかせてもらう、素敵なかんじ。
青森に着いた下道と昼過ぎに合流。
みそカレー牛乳ラーメンを食べてみる、意外と普通においしいのがおかしい。
嶋中さんの誘いで渡辺源四郎商店の芝居を観に行く。
なかなかにおもしろい。地方という枠であえて括ると相当レベルが高い。
地元ネタ、しかもベタなネタも多く、ナデガタの二人に特に見せたかった。
今回のプロジェクトのこと、改めてちゃんと話にいかねばと思う。
トーク&呑み会準備で市場へ買い出しに。
ストーブでの蒸し鍋を囲みつつ、ビール片手にナデガタプレゼン。
山城、野田も到着してのんびりスタート。
これまでやってきたプロジェクトのことと、青森でやろうと思っているプロジェクトのこと。
30分の予定が2時間になってしまったものの、
こんなに時間をかけて丁寧にナデガタ作品を話せた機会はなかったなあ、というくらいしっかり話す。
ちゃんと届いた感触あり、よい時間、かなり緊張。
試しにustしてみたが、個人的にはわざわざ自分ではしない方がいいなという感想。
今回をライブだとして、この場所、ここに来た人の顔、ビールの進み具合、聞いてる人の集中力、などなど、
目の前の現場の状況に合わせて、少しずつ内容や話し方を微妙にフィットさせながら進めていて、
それを中継して、プレーンな視点でみるとその仕草がノイズだったり、
えらく的外れに見えたりすることって結構あるだろうなあ、と。
状況をある程度共有してたり、ノイズ込みで楽しめる近い距離の人であれば問題ないかもしれないが、
たいていの場合、現場にいない不特定多数の人にむけた発言として責任が持てない気がした。
そして中途半端に中継を意識すると目の前の現場に対しての集中力が減る。
ustすること自体を逆手にとってフレームに組み込んだ上で意図的に何か試みるのは
もちろんおもしろいし、これからいろいろやってみるだろうなあとは思いつつ、
トークのときとかに、ノリでとりあえず流してしまうのは今のところちょっと自粛してみようと思った。
深夜、妖怪雪投男が現れる。
最終的に大きなことにならず、本当によかった、胸を撫で下ろす。
c0186264_2455296.jpg
c0186264_2461045.jpg
c0186264_2463268.jpg
c0186264_246488.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-26 02:44 | ぷらぷら
2009年 12月 25日

レバー

狩野展を観に山口から来客、すごいなあ。
夕方、無理を承知で手ぶらで近所のスキー場に行ってみる。
なんとなく雪山を見て温泉でも入って帰ってこようくらいの気分だったのだが、
レンタルスキーで二時間半くらい滑ってみる。
何年振りだろ、5,6年振りくらいなのかなあ、やはり楽しい。
でも体力は二時間半で限界、全身がくがく。
風呂がほんとにありがたい。
夜は敦晴(あっぱれ)に。ここのレバーは本当に絶品。
たまたま奥で呑んでいた某社長夫人が意気投合して日本酒を振る舞ってくれる。
めちゃくちゃおもしろい展開。
大阪で感じた都市との身体感覚の違和感、
不思議なほどここでは全く違和感なくしっくりくる。
その身体感覚はこの場所で初めて意識した感覚なんだから、
それはとても当然のことなんだ、と改めて気付く。
c0186264_223231.jpg
c0186264_2231884.jpg
c0186264_22336100.jpg
c0186264_2235062.jpg
c0186264_2241120.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-25 02:22 | ぷらぷら
2009年 12月 24日

うきぐも

待ち合わせのショッピングモールでばったりと、
ラジオ収録のうきぐもの熊谷さんのライブの始まる瞬間に出くわす。
うきぐもは以前の滞在中も何度か噂を聞いていたバンドで、
機会があれば今回何か一緒に出来ないか相談してみようとぼんやりと思っていた。
こういう偶然ってあるんだなあ。
まるかいでラーメン食べる、久しぶり。
青森のにぼしベースの中華そばは結構好みだったりする。
ちょこちょこ作業して、夜は熊谷さんがやってる居酒屋もぐらやで一杯、なかなかいいかんじ。
深夜はMACレジデンスにてマックリパ(?)
c0186264_1494921.jpg
c0186264_150619.jpg
c0186264_1502655.jpg
c0186264_1504391.jpg
c0186264_1505853.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-24 01:48 | ぷらぷら
2009年 12月 23日

花巻/MAC

誘われるまま岩手の花巻にある萬鉄五郎記念美術館に集団N39展を観に行く。
雪の東北道を走行中、追い越す車をふと見ると、立木さんや永岡くんが乗ってる、びっくり。
途中パーキングでのんびり会合。
岩手の前衛集団を検証する展覧会、なかなかおもしろい。
テキストが少なかったので、カタログがいいかんじに仕上がっていたら一層よさそう。
宮沢賢治記念館も近所なので立ち寄る。
寝不足と二日酔いでへろへろだったがようやく持ち直す。
青森市に戻り、MACの狩野哲郎展を観る。
看板がちゃんと間に合っていてよかった。
ホテル山上の一部がちゃんとしたギャラリーになっていておかしい。
狩野展は空間実験室でも開催されていてよいかんじのボリューム。
チャボのシリーズ、山口、横浜、青森と続けて観ていることに少し驚く。
個人的には空間の強みもあってか山口のときのが一番しっくりきてる気がするが、
普通のギャラリーではやりにくそうなこのシリーズを、短期間に続けざまに試せる機会って
なんだかいいなあ、と素朴に思う。
呑んだ後に歩く雪道が、やはり新鮮。
c0186264_1262777.jpg
c0186264_1264350.jpg
c0186264_1265746.jpg
c0186264_1271483.jpg
c0186264_1273626.jpg
c0186264_1275781.jpg
c0186264_1281353.jpg
c0186264_1282979.jpg
c0186264_1285211.jpg
c0186264_1291410.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-23 01:25 | ぷらぷら
2009年 12月 22日

チーズ・フォンデュ

年末、どのタイミングで青森に行くか考えていたら、
明日チーズ・フォンデュするよ、と言われ、それじゃあ、行くか、
くらいのいきおいで行ってみる。
実は初めての冬の青森、普通に全然風景が違っていておかしい。
青森の姉と駆けつけ2ショット。
今回会いたいなあと思っていた人たちにいきなりたくさん会えて、
思い付きながらかなりいいタイミングでやってきたものだ。
着いて早々、こっちでの年越しの匂いが漂う。
MACレジデンスこと、服部家にお世話になる。
c0186264_1172470.jpg
c0186264_1173962.jpg
c0186264_1175372.jpg
c0186264_118635.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2009-12-22 01:16 | ぷらぷら