中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

一段落

二週間くらい前に一段落した気がしたのは、
ほんとに気のせいだったようで、ようやくここにきて一段落ついたかんじ。
音楽村での作品撤収のため長野入りの予定が、
すでに撤収完了とのことで、今回の長野行きはなくなる。
ユミソン、樋口さん、南村館長、本当にありがとうございます。
暖かい季節にまた改めて行きます。
ちょいとのんびりして、実家にあった池波正太郎の「真田太平記」を読み始める。
上田だったり、別所温泉だったりが出てくる。
これ予習してから上田に行きたかったなあ。
長いぞ、これ。
[PR]

by tohru511215 | 2010-03-31 17:29 | 日々
2010年 03月 29日

袋井リサーチ二日目/3月

今回のメインのプロジェクトサイトとなりそうな旧中村洋裁学校のリサーチ。
なんだかほんとに気持ちいい空で、とにかく青い。
駅前にてミーティング後、月見の里へ。
ひたすら機材や備品のチェックやリストアップ。
施設内をまわりながらアイディアが巡る。
たしかこのとき写真展のイメージが出てくる。
定例会に出席してちょっとした作品プレゼン。
思いがけずきっとりとした会で少々背筋が伸びる。
終電の都合で途中で帰路につく。
いろいろと収穫の多い二日間だった印象。
c0186264_17124265.jpg
c0186264_17125396.jpg
c0186264_1713699.jpg
c0186264_17131623.jpg
c0186264_17132755.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-29 17:11 | ぷらぷら
2010年 03月 28日

袋井リサーチ一日目/3月

新幹線でナデガタ合流してちょっとした新幹線ミーティングをしつつ、
昼過ぎに袋井到着。
担当スタッフの戸館くん、風邪でグロッキー気味。
袋井は一足先に桜が満開でうきうきする。
花見中の倉田さん一行に合流し、ちょうど近所で建前があるというので連れてってもらう。
立派な家で餅をバンバン投げてる。
こういう光景、子供の頃以来な気がして懐かしい。
月見の里にて下見やらミーティングを改めてしつつ、駅前で一杯。
ホテルのロビーで引き続きミーティング、なんかいい空間。
のんびり過ごしつつも妙に密度の濃い一日目。
c0186264_1743439.jpg
c0186264_1744583.jpg
c0186264_1745640.jpg
c0186264_175664.jpg
c0186264_1751740.jpg
c0186264_1752783.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-28 17:03 | ぷらぷら
2010年 03月 26日

ホテ山レジデンス後期 その4

青森市内のケーブルテレビ局へ打ち合わせに行く。
打ち合わせというより、顔合わせというかプレゼンというか。
なかなかいい話の転がりをして、何かしらおもしろく絡める雰囲気。
年度内のこのタイミングでとりあえずでも行っておいてよかった。
カフェの208,209で昼食、店頭に水戸のフリーペーパー「マピナビ」が置いてあってビビる。
ACACにて梅田展を観る。
ワークショップの関連企画とはいえ、だだっ広いギャラリーをすべて使っての展覧会。
うまいなあ、というか、とても気持ちよく観る。
服部くんに駅まで送ってもらい、水戸に帰る。
気付けば嵐のような一ヶ月ちょいが一区切りついた感。
少しゆっくりしよう。
c0186264_22334534.jpg
c0186264_22341735.jpg
c0186264_22362430.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-26 22:32 | ぷらぷら
2010年 03月 25日

ホテ山レジデンス後期 その3

昼くらいに少し堕ちかけるが、なんとか無事に夕方に提出。
慣れない行程が多く、どう仕上がるかがとても不安だったけど、
とても納得いくものができたので、本当によかった。
ホントにいろんな人にお世話になりまくってしまい、
ご迷惑もかけまくり、本当にありがとうございました。
このところ二回来青しているのにあまり人に会えず、酒も呑めずだったので、
ようやく打ち上げがてらゆっくり一杯、いやあ、ホッとした。
でもこれは、まだ始まりの始まり、かもしれない。
そうそう、引っ越したてのMACレジデンスこと服部家は、ビビるくらいに、広い!
c0186264_22224550.jpg
c0186264_2224145.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-25 22:21 | ぷらぷら
2010年 03月 24日

ホテ山レジデンス後期 その2

ずっと同じ姿勢で作業してたら、腰がやばいかんじになってくる。
ちょこちょこ手伝っていただきつつ、
ひたすらに制作、徐々にカタチが見えてきてテンションが上がる。
久しぶりに徹夜。もう体力ないのになあ。。
c0186264_22155574.jpg
c0186264_22165119.jpg
c0186264_22173297.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-24 22:13 | ぷらぷら
2010年 03月 23日

ホテ山レジデンス後期 その1

仙台から青森へ。
ホテル山上にてひたすら制作。
ステンレス製の発注していた模型の骨組みを届けていただく。
めちゃくちゃに素敵で、手を加えるのが怖いくらい。
夕方に東奥日報がMACに取材に来てるというのでのぞく。
服部くんと銭湯に行きつつ軽く一杯。
やらねばやらねば。
c0186264_21442276.jpg
c0186264_21454886.jpg
c0186264_21463840.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-23 21:42 | ぷらぷら
2010年 03月 22日

お台場

お昼過ぎまでもろもろ撤収やらかたづけ。
おじょうが手伝いにきてくれる、ありがたい。
担当スタッフだった真子さん、ホントにお世話になりました。
科学未来館の「‘おいしく、食べる’の科学展」の最終日に滑り込む。
assistantの二人が展示デザインを担当していて、
アーティスト目線で考えると関わり方が結構不思議でおもしろく、
展覧会を観ながらいろいろと考える。
現代美術製作所の増山展、間に合わず、あきらめる。
お台場を少しプラプラ、おじょうが妙に詳しくておかしい。
終電で青森に向かうつもりで動くが満席。
悩んだ末にとりあえず仙台まで行くことにする。
c0186264_2127973.jpg
c0186264_21274638.jpg
c0186264_21284762.jpg
c0186264_2129257.jpg
c0186264_213257.jpg
c0186264_21325696.jpg
c0186264_21333224.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-22 21:25 | ぷらぷら
2010年 03月 21日

Closing Museum,Opening Party

長い一日。
風は強いものの、おそろしいくらいに晴天。
トラブルと幸運と、ある種の強引なくらいの力技の連続でなんとか無事。
本番中にテントが吹っ飛んで中断、って普通の芝居だったら致命傷なはずなのに、
なぜだかより強い演出効果として機能してしまったり。
やたらシュールな光景がいくつも浮かび上がったり。
茶番の連続なはずなのに、ラストシーンで、
「美術館開放ー!」と叫びながらゆっくりと美術館に人々が吸い込まれていく風景を、
一番後ろから観ていて少しゾワッときた。
まだまだ消化できてないことが多いので、もう少しゆっくり考えてみる。
今回関わっていただいたすべての人に本当に感謝します。
ありがとうございました。

メモとして。
呑み会で、準備不足?と尋ねられ、ちょっと後に思ったことなんだけど、
その辺りに今回のプロジェクトを読み解く鍵がありそう。
必要と思われる準備はできていたけど、
普段用意している、保険をかける部分とかアリバイとして成立させておく部分を削った。
なんというか、丸裸でリスキーな状態だったと思う。
それはどこまでが意図的であったかはグレーで、
いろいろなフレームと照らし合わせた上でその選択をせざるえなかったし、
そのことに対してはとても自覚的で、その上で作品として成立する方法を模索して、
自分たちなりのやり方で最短距離で走ったというかんじ。
保険やアリバイは、ある面で作品を安心して提示してくれるが、
ときとして、作品の中心とは無関係の方向に作品を引っ張っていってしまう場合がある。
それらを削ったときによりダイレクトに作品の中心に向き合えないかといった試みだったと思う。
うまくいったかといえば、現場自体はうまく機能し成立していたけど、
その現場を成立させるための力技が作品をまた違った方向に引っ張ってしまった感もある。
ただ自分自身もその渦中にいたので、その辺に関してはもう少し冷静になってからまた改めて。
それと、今回はあまりドキュメントの形をあまり想定していなくて、
ライブとしてある種、自立した作品となることを考えていたけど、
やってみて、これはまだ制作過程にあるなという感覚。
この出来事をソースとして、俯瞰した視点をクリアに含んだ
単純なドキュメント展とは少し違ったカタチでの作品の最終形態のイメージが湧いた。
どうなるかまだわからないけど、もう少しじたばたしてみようと思う。
c0186264_17261940.jpg
c0186264_1727688.jpg
c0186264_17275731.jpg
c0186264_17282152.jpg
c0186264_17285858.jpg
c0186264_17293069.jpg
c0186264_1729589.jpg
c0186264_17315666.jpg
c0186264_17325119.jpg
c0186264_17335092.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-21 17:24 | ぷらぷら
2010年 03月 20日

練馬準備 その2

ありとあらゆる準備。
小道具制作やら、パンフ作りやら、
人員調整やら、シナリオ調整やら。
でも、ものすごく眠い。
降水確率が少しずつ下がっていく、奇跡よ起これ。
夜はアーティスト・イン・児童館の事務所に泊めていただきつつ、夜通しで作業。
終電過ぎにポイ野が到着し作曲開始。
タバコを吸いに玄関先に出ると、
台風よりすごいんじゃないかというくらいの強風が吹き荒れてる。
嵐の中、10時後に開催される野外劇の準備をしてる状況、
これは一体なんなのだろう。
気がつくと午後の降水確率が0%になっていた。
てるてる坊主を作ってくれたみなさん、ありがとう。
c0186264_17142382.jpg
c0186264_17145651.jpg
c0186264_17155198.jpg
c0186264_17164351.jpg

[PR]

by tohru511215 | 2010-03-20 17:13 | ぷらぷら