中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 08日

Parallel School/アーカス・スタジオ

c0186264_18165768.jpg
「パラレルスクール」ミクストメディア/サイズ可変/2008年
「Parallel School」mixed media/dimentions variable/2008



「パラレルスクール/Parallel School」

たまたま出会った複数の人間が、同じ時間を同じ場所で過ごすこと。
僕たちは夢から醒めた夢を見ていただけなんだ。

さあ、パーティーをはじめようよ。

Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)

c0186264_1817721.jpg

c0186264_18531197.jpg

c0186264_18533089.jpg
展覧会風景/exhibition scenery


mission1/学校
旧小学校校舎であるアーカススタジオでプロジェクトを行うにあたり、「学校」というモチーフを起点としたプロジェクトを考えるところから始める。「学校」といったとき思い返されるのは、どんなに将来役に立つ授業があったか、といったことよりもたまたま集まった人間が同じ場所で同じ時間を共有したという、たったそれだけの事実が大切だったのではないか、といった視点で「学校」を解釈し、プロジェクトを行う。

mission2/ワークショップ「ナデガタスクール」
2007年12月から2008年2月までの三ヶ月間の週末を使った長期ワークショップ「ナデガタスクール」を開校。一般公募により集まった十数名の参加者を対象とした、アーカススタジオという旧大井沢小学校校舎を使った学校をモチーフとしたワークショップ。22日間、一日、もしくは二日間通しの全15講座のワークショップを行う。それぞれのワークショップは演劇や美術の分野で行われている基礎的なワークショップに不条理な要素が少し加わった程度の内容でそれ自体にあまり意図はなく、むしろそういった出来事を継続して共有していくことにより、参加者が一つのクラス/コミュニティを形成していくことをねらいとしている。

mission3/記録展覧会「ナデガタスクール」
三ヶ月のワークショップ終了後、1時間ほどの記録映画と参加者の制作した成果作品を中心とした、アーカススタジオの5教室と廊下、階段踊り場、グラウンドなどを使った記録展覧会「ナデガタスクール」を開催。

mission4/「Parallel School/パラレルスクール」
上記の長期ワークショップ「ナデガタスクール」は実際には行われていない。すべてはフィクションである。記録映画は実質五日間で撮影され、成果作品もNIPが制作したインスタレーション作品である。たしかにそれらはすべてフィクションである。だが、三ヶ月間という同じ時間と場所を共有してコミュニティが形成されるフィクションを作るという過程で、実際に同じだけの人数の人間が五日間アーカススタジオで合宿をし、同じ時間と同じ場所を共有していくうちに、現実にコミュニティが形成されていった。

c0186264_18173092.jpg

c0186264_18541299.jpg

c0186264_18543628.jpg

c0186264_18544649.jpg

c0186264_18545620.jpg

c0186264_18552561.jpg


「Parallel School」。これが最終的にどういったプロジェクトだったのかということを、正直把握しきれていないというのが、僕たちの実際のところだったりする。学校という制度に対する解釈だったり、ワークショップ芸術に対する批判的な態度であったり、映像の持つドキュメンタリー性への考察だったり、日本の都市近郊における芸術の可能性への実践であったり、具体的ないくつかの読み解きは可能ではあるけれども、必ずしもどれかではないと思っている。映像作品、もしくは映画としては中途半端だし、インスタレーションとしても確固たる作品としては成立しないし、ワークショップはそれぞれ実際に機能してるとはとても言えない。それらは始めからそのつもりでいたし、それでよいと思っている。では、僕たちの作品と呼べるものはこのプロジェクトの中でどこにあるのだろうか。いまいちよく分からない。ただ、この過程でいくつかのどうしようもなく感動的な瞬間や出来事があった。それがたまたま起こったのか、僕たちが起こしたのかは定かではない。けれどもそれは僕たちの中のリアリティとして、たしかにそこにあった。受験生なのに今回の撮影に参加した伊藤さんから、プロジェクト後一ヶ月ほどたって、「サクラサク」というメールが届いた、小さく笑みがこぼれた。山城が撮影中に泣いた。僕たちの知らないところでこのプロジェクトで出会った人たちがちょくちょく呑んだりしてるらしい。そんな些細な出来事の集積で、きっとこのプロジェクトはできあがっている。結果としては、どこにでもあるような普通のゆるやかなコミュニティがひとつできただけだったのかもしれない。けど、「Parallel School」の時間は今もゆっくりと流れ続けている。

*ナデガタblog/アーカス編
[PR]

by tohru511215 | 2008-02-08 00:00 | works2008


<< 公開秘密なかざき/BEPPU ...      ie,home or hous... >>