人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中崎透遊戯室/NAKAZAKI Tohru PLAYROOM

tohru51.exblog.jp
ブログトップ
2020年 10月 16日

中﨑透「Connection Collection」

中﨑透「Connection Collection」_c0186264_23592376.jpg
中﨑透「Connection Collection」_c0186264_23593661.jpg
年内くらいを目安に、アポイント制で延長公開することにしました。
とても好評なのと、問い合わせを結構もらっていたり、
水戸のARTS ISOZAKIでの個展「Human Landscape」も12/26まで開催してることもあり、
しばし撤収をせず、僕自身が水戸にいて都合がつく範囲で、
直接連絡をもらってアテンドするような形式で公開しようかと思います。
もともと、水戸芸術館の「道草展」の会期終わりに合わせていたのと、
翌週末、長期出張の予定が入っていたための会期設定だったりしたのですがもうちょっとやってみようかと。
それに伴いいくつかの条件変更があったりします。

ARTS ISOZAKIでの個展「Human Landscape」も併せて観覧してもらいたい前提もあり、
基本的な時間設定をギャラリーの営業時間に合わせます。
*月火休み
*13:00-18:00
出張でいないのが確実そうなので基本的な会期を以下にします。
*11/21(土)〜12/26(土)
3日前くらいにはアポイントしてください。
直前だったり、出張などで水戸にいなかったり、仕事が立て込んでる時は対応できません。
(直接連絡をいただきつつ調整できれば。)
*所要時間、だいたい2時間くらい。
*観覧料1000円
基本的にパフォーマンスはなし。
天気が良くて、時間に余裕があり、気がのったら+500円で野点するかも。くらいな気分で。
みたいなかんじで、試しにゆるりとやってみようかなと思います。

*****************

中﨑透/NAKAZAKI Tohru
《Connection Collection》
コネクション・コレクション

美術家中﨑透の手元に約20年かけて集まってきた
縁や関係性よってできた作品コレクションの展覧会と
自作の茶碗を用いた野点のパフォーマンス。

2020/10/24sat-11/8sun 13:00-20:00
10/24,25,31,11/1, 3,7,8の7日間(土日祝日のみオープン)

観覧料:
展覧会&パフォーマンス/1000円
展覧会(すべて)/500円 *自家用車、タクシーなどの移動手段のある方のみ
展覧会(キワマリ荘のみ)/無料

野点パフォーマンス:
各日4回の上演。定員3名程度、上演は約15分、基本的に予約制
各回13, 15,17, 19時に水戸のキワマリ荘に集合して受付

キワマリ荘展覧会鑑賞(15分)
車にて移動(10分)
美術館準備室展示鑑賞(15分)
パフォーマンス(15分)
キワマリ荘に移動して解散(10分)

予約フォーム/パフォーマンス:
*こちらは予約のみ、当日受付にて現金での精算。

会場:
水戸のキワマリ荘/中﨑透美術館準備室(仮)
*まずはキワマリ荘にお越しください。
*駐車場はございません、車でお越しの方は付近のコインパーキングをご利用ください。
〒310-0061 茨城県水戸市北見町5-16 水戸のキワマリ荘

新型コロナウイルス感染症拡大防止のご協力のお願い:
●マスク着用にてご来場ください。
●手指の消毒にご協力ください。
●会場内ではまわりの方と距離をおとりください。
●発熱のある方や体調のすぐれない方は入場をご遠慮いただく場合があります。


問い合わせ:
tohru51@hotmail.com(中﨑)

***************

「Connection Collectionに寄せて」
実は自分のコレクション展というのを以前に二度ほど開催したことがある、どちらも10年以上前のことだ。作品を手に入れることへの興味みたいなものは、大学時代に陶芸のサークルにいたことがだいぶ影響している。先輩の家なんかに行くとずらっと並ぶたくさんの器。ふざけながらも酒を飲むぐい呑を選ぶのにも眼が試される、そんな楽しくも恵まれた環境でもあった。自然と、もらったり、交換したり、買ったりと、友人だけじゃなく作家ものや骨董も欲しくなる、そして家で一人で愛でる。だんだんと器に限らず美術作品なんかもその延長で少しずつ手元にやってきたりした。数年がかりで口説いて手に入れた徳利なんかもあれば、引越しを手伝ってお礼にもらったドローイングだったり、結婚式の引き出物だったり、企画した展覧会の出品作品を買うこともあったり、一貫したコンセプトなんかは全然なくて縁や繋がりで集まってきたものがほとんどである。とはいえども、影響があったもの、好きなもの、取り巻く関係性などなど、自分自身を形作ったものたちでもあり、場合によっては自作以上に作家の眼や手つきのようなものが滲み出たりするかなあなんて思いながらこんな機会を作ることになった。まあ、わざとらしく書いてみたけど、お気に入りの自分のコレクション、人に見せたいですよね。
中﨑透(美術家)


















by tohru511215 | 2020-10-16 00:01 | news


<< news      としのこえ、とちのうた。@旧豊... >>